儲ける為には絶対『付加価値』

おはようございます。

 

昨日、午前中にテレビ番組『ひるおび』を見ていました。

僕は日頃テレビを見る機会はあまりないですが

昨日は仕事も少なめでまったりしていました。

 

その番組途中でディズニーシーで今年から

大量の水を使ったイベントが始まったと報じていました。

 

ミニーが水鉄砲的なもので、お客さんに水をかける

いわゆる『水ぶっかけイベント』です。

 

 

そのニュースについでに、ディズニーの夏の新メニューということで

数種類の涼しいおやつや飲み物も紹介されていました。

 

そこで『ソーダ』が紹介されていたんですが

さすがディズニー価格、750円もします!!(汗)

 

普通にソーダだけではさすがに750円は高いので

ゼリーにソーダをかけて、一緒に飲むスタイルのものでした。

 

ディズニーランドに来ている雰囲気も財布のヒモをユルくする

原因だとは思いますが、ひと工夫して

購買意欲をくすぐるってこうゆうことですね!

 

正直、利益率95%くらいあるだろ!?って思いましたが

やっぱり売れるんですね!!

 

 

これって、いつものようにやっぱりせどりにも言えます!!(笑)

 

規格外せどり塾でも言っていますが、ただ単に安いという理由で

売っていては儲かりません。

 

高くても買う何か・・・『付加価値』が必要と言う事です。

 

 

これはせどりに限らず、どの業界でも最近は

付加価値争いがすごいですよね?

 

現代では、物が溢れ過ぎていて

購入者としては有り難いですが、売る側としては苦労するんですよね(笑)

 

単純に安値争いをすれば、一番分かりやすく売れますが

やはりそれにも限界があり、何といっても儲からないですよね?

 

例えば、今まで1個あたり1000円の利益を得ていたものを

価格競争に負けないように500円まで下げると

利益は半分になるわけです。

 

でもそれで倍の数売れば良いかと言われるとそうもいきません。

人件費が倍かかるので単純に儲けとしては下がってしまいます。

 

各企業も、この不毛な争いをしたくなくて

『付加価値』で売るという事をやっているのが今の現状です。

 

 

せどりの場合はまだそんなにヒドくなくて

現状では、最安値で売るスタイルが王道とされています。

 

 

これはやはり、企業ではなくて個人の出品者が多いので

こうなっているとも僕は思っています。

 

付加価値と言っても、単純に面倒くさいし

小遣い稼ぎにそこまでする人もあまりいないからでしょう。

 

 

ですが、この状態っていうのはいつまで続くのかな?とも思っています。

 

 

今のAmazonマーケットプレイスの価格は1円本が多すぎだとは思いませんか??

 

僕がせどりを始めた2年半前は少なくても

ここまでヒドくはありませんでした。

 

ブックオフの単Cを調べれば、1000円オーバーは中々無いにしても

それこそ500円くらいなら、それなりにありました。

 

僕は単Cだけで5店舗で300円以上を200冊買った事もあります。

これは1日での数ですよ!!当然ランクもそこまで悪くありません。

 

今では、こんなのあり得ないですよね?

 

それほど僕は今のせどり(特に105円コーナー)がおかしい事になっていると感じています。

 

1円に価格競争で付いていくのは僕たちせどらーには困難です。

実際無理ではないですが、本当に

『忙しいけど儲からない・・・』

 

こんな状態ですね(汗)

 

こう考えると、やはり最安値戦略にも限界があるなぁと感じます。

 

僕は最近では、さらに最安値から離れた価格で販売しようと

色々な策を練っています。

 

 

ここで問題になってくるのが

売れるのが遅いということです。

 

これは正直、ある程度は仕方ないと思います。

僕もその対策をしていますが、ある程度販売スピードは遅いです。

(それでも在庫回転率は1ヶ月で100%以上はあります)

 

 

この販売が遅いデメリットより、収益が増える可能性やメリットの方が

デカいです。

 

でもやっぱり販売スピードが遅いとキャッシュフローに

直結する問題なので、けっこう難しい方も多いと思います。

 

特に最初の3ヶ月くらいまでは仕入ればかり多くて

販売が付いてきません。

 

ある程度在庫が増えて、販売も増えてくると

軌道に乗りますので問題はなくなります。

 

 

そこで、最初の3ヶ月くらいの期間を安心して過ごす対策として

僕はアフィリをオススメします。

 

実際に僕も最近になって、さらに最安値より高く販売する挑戦をしようと

思ったのも、アフィリによる副収入があるからです。

 

せどりの収入がある程度減っても、もう1本の柱があるので

精神的、金銭的な安心感があります。

 

それが大胆な挑戦する原動力にもなり

良い循環です。

 

別にアフィリでも何でもいいですが

月に10万ほどでいいので、別の収入源を作ると

せどりが更に進化するきっかけにもなると思います。

(ただ単に僕はアフィリが手っ取り早かったのでアフィリを推しています)

 

そうやって、精神的に追い込まれることなく

付加価値の挑戦をやっています。

 

付加価値の付け方も色々ありますが、考えてみても良いかもしれませんね!

 

 

それでは。

 

 

 

 

 

ps

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
せどりではない、物販アフィリエイトという稼ぎ方
⇒ありまえだけどなかなかできないLUREAの使いかた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メルマガ読者様には、ブログでは公開出来ない情報をお送りしています。
主にマインド面での情報なので、本気で学びたい方はこちらでも情報収集して下さい!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログランキングに参加しています。さて現在は何位でしょう??


せどり ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

関連記事はこちら:

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す