1円本になる原因。

おはようございます。

 

昨日は仕入れに行っていました。

数的には800冊くらいで大した事無いですが

内容は悪く無かったんで、なんとか合格でした(汗)

 

 

それでは、本題・・・

 

1円本になる原因なんですが、

一般的には出品多数で、売れ行きがそこまで良く無いから

値下げ競争でガンガン値が下がるってイメージですが

 

僕は少し違った見解です。

 

いくら出品者がいっぱいいても

それがせどらーばかりなら

自分の所の最低金額があるので

その金額までしか下がらないはずです。

 

例えば100円とか、

 

ブックオフ仕入れをしている限りは

1円で売ったら僕みたいに利益が出る人も

いるでしょうが、それは本当に薄利で

さすがにやりたくは無いです。

 

ですが、その大量の出品者に大手のネッ○オフとかが

混じっていたら、1円直行です(笑)

 

最安値100円くらいであっても、

なぜかいきなり1円で出品する狂気っぷりです(笑)

 

あうゆうところは仕入れが買取で5円とかなんで

1円でも利益がけっこう出るんですね。

 

そんなの当たり前じゃないか!!って思われますが

 

これを仕入れの時の基準にします。

 

例えば、値下がりしそうな商品で仕入れようか迷ったときは

その出品者の中に大手がいるか確認します。

 

もしいなければ仕入れOK!

いれば見送り・・・

これで値下がりリスクは少し軽減できますね!

 

こんな具合で、自分の中に明確な基準を儲ける事は

重要です。

 

何となくではダメなんです。

一応ビジネスなので、軸がぶれないように仕入れをしてみましょう!!

 

そうする事で、自分の修正する部分がおのずと

分かってきますので、見直していけばいいです。

 

これをやることで、自分の仕入れ基準に自信を持つ事が出来

ぶれずに安定したせどり経営が出来るはずです。

 

せどりの厳しい時代だからこそ

こうゆう意識的な部分が重要になってきます。

 

僕の場合も仕入れ基準については

いつも意識していて

利益率、販売率を調整しながら

一番バランスのいいところになるように

調整しています。

 

具体的には、きっちりした仕入れ基準を決めて

仕入れた本の売れ行きを観察します。

(これはエクセルを作って、1冊単位で見ていきます)

 

これで1、2ヶ月すると大体の販売状況と

利益率が出てきます。

「利益率悪いから、仕入れ基準をあげてみよう」

とか

「販売率が悪いから、ランクを少し厳しめに」

とか

色々試行錯誤できるんですね。

 

これは、きっちりデータを取ってないと

出来ないので日々の管理が必須です。

 

確定申告があるんで、収支の管理はみんなやっていると思いますが

1冊レベルの収益管理までやっている人は

けっこう少ないんで、是非やってみて下さい!!

 

今まで見えてこなかった部分がはっきり見えますよ!

 

エクセルとは作ったりするのが少し面倒ですが

一度、システムを構築してしまえば

あとは楽なので、最初は少し頑張りが必要ですね。

 

もしわからないって人は、メッセージくれれば教えるんで

お気軽に!!

 

それでは。

 

 

ps

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
規格外せどり塾の塾生を募集しています。
せどり禁止対策の決定版です!
一度ページを見てみて下さい!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メルマガ読者様には、ブログでは公開出来ない情報をお送りしています。
主にマインド面での情報なので、本気で学びたい方はこちらでも情報収集して下さい!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログランキングに参加しています。さて現在は何位でしょう??


せどり ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

関連記事はこちら:

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す