規格外せどり塾生の実績を少しだけ紹介します。

おはようございます。

 

先ほど今日の注文数を確認してみると

まだ朝の8時だというのに280件を超えていました(汗)

 

昨日の昼に注文を発送したばかりなので

20時間弱でこの数は、久々に梱包しがいがありそうです(笑)

 

梱包は昼からする予定なので、確実に300件超えするでしょうから

忘れてなければ、写真を取って明日の記事にでも載せようと思います!!

 

 

さて・・・・

26日まで募集をしている

『規格外せどり塾』の塾生の実績を少しだけ

記事にしてみます。

⇒規格外せどり塾の案内ページはこちら

ご存知の方もいると思いますが

規格外せどり塾は先月始めた塾です。

 

なので、最初は4月末頃まで募集を受け付けていました。

 

その後、1ヶ月くらい募集はしていませんでしたが

今回は期間限定で再募集ということになります。

 

 

ということは、最初から入ってくれている塾生の方は

僕のノウハウを実践してちょうど1ヶ月と言う事になります。

 

そこで、参加を検討して下さっている方の

一番気になる『塾生の実績』を少しだけお話します。

 

 

ノウハウを実践したって言ったって

たった1ヶ月という短い期間ですから

時間的な問題で、出来ることと出来ないことがあります。

 

ここからは塾開始後2週間の時点での塾生アンケート

の結果を書いていこうと思います。

 

まず全体の成績から

 

塾生の90%以上が『過去の仕入れ最高冊数』を

わずか2週間で記録更新しました。

 

分かりやすく言うと、せどり歴2年の方がいたとします。

その方の2年間の1日での最高仕入冊数が200冊だったとしたら

僕の塾に入ったとたんに、わずか2週間で

300冊とか仕入れ出来ちゃったって話です。

 

これはアンケートの回答者だけですが

80%の人が回答しているので

少なく見ても塾生全員の70%以上が

記録更新したと言う事になります。

 

 

次に個別成績

 

特に成長著しい2人の実績を紹介します。

 

■実例①

塾に入る前の最高仕入れ冊数:90冊

塾に入った後の最高仕入れ冊数:410冊

 

■実例②

塾に入る前の最高仕入れ冊数:280冊

塾に入った後の最高仕入れ冊数:700冊

 

このように、短期間で3倍4倍と成長された方もいます。

この方達がわずかな期間でここまで成長出来た要因は

『思い切りの良さ』だと僕は思っています。

 

僕の事を全面的に信頼してくれて

素直にノウハウを実践してくれた事で

結果も素直に出たのだと思います。

 

他の方についても

このように700冊仕入れとかの実績を出すのも

時間の問題だと思っています。

 

僕の”規格外な”手法を信頼して

実践出来るようになれば

全員可能でしょう。

 

僕は700冊とか800冊っていうのは

”アベレージ”で出す数字なので

全然可能なレベルです。

 

今までの最高は1230冊くらいですが

タイミングが良ければ1500冊くらいは

いけるのではないかと思います。

 

これは、ブックオフの大量棚だし後の

せどらーが手を付けていない場面に

1日数店舗、遭遇出来ればの話なので

滅多に無い話にはなってきますが・・・

 

 

ここまでで仕入れ数の話ばかりしてきました。

 

まぁ、塾が開始して間もないので

このくらいしか分からない事と

冊数しかアンケートを取ってないから

この情報しかないんです。

 

ですが、仕入冊数が重要になってくる話を

明日の記事でしようと思います。

 

これは、物理的に利益を最大化させる話になってくるので

ビジネスとして、基本中の基本の話です。

 

明日も楽しみにしてて下さい!!

 

それでは。

 

 

 

ps

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
5月26日で終了。規格外せどり塾
⇒規格外せどり塾の案内ページはこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
せどりではない、物販アフィリエイトという稼ぎ方
⇒ありまえだけどなかなかできないLUREAの使いかた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メルマガ読者様には、ブログでは公開出来ない情報をお送りしています。
主にマインド面での情報なので、本気で学びたい方はこちらでも情報収集して下さい!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログランキングに参加しています。さて現在は何位でしょう??


せどり ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

関連記事はこちら:

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す