『好きこそ最大の実力』でも僕は好きではないんですよね・・・

おはようございます。

 

せどりの実力って、

ノウハウや知識、テクニックなどがありますが

 

結局、せどりで一番強いのって

『稼げる本をたくさん覚えている』

ってことだと思います。

 

稼げる本をたくさん覚えていれば

せどりOKだろうが禁止だろうが

関係なく仕入れが出来ます。

 

だって、そうですよね?

 

本を触らなくても

棚を見ただけで、これ仕入れOKだな!

って感じで、仕入れれます。

 

こうなれば、本当に強いです!!

記憶出来る本が多ければ多い程・・・

 

 

では、どうやったら

こうゆう稼げる本の知識が増やせるのか??

 

一番良いのは、

『本が好き』って事です。

 

 

誰でも1つはあると思うんですが

”車が好き”とか

”時計が好き”とか

 

こうゆう好きな物って、別に覚えようとしなくても

勝手に覚えてしまう物です。

 

例えば、僕は車が好きですが

LEXUSの『LS』という車種があります。

 

ではLSのエンジンの設定は何種類あるでしょう?

 

答えは2種類

LS460 ⇒ 4.6リッター

LS600h ⇒ 5リッター+ハイブリット

ちなみにLS600hの5リッターエンジンの

エンジンヘッドを高回転型に変えた物が

『ISF』という車種に使われています。

 

もう、車が好きではない人にとっては意味不明の世界ですよね?

 

それに、これを覚えても、なんの役にも立たないわけです。

 

僕も覚えようと暗記したわけではなく

勝手に覚えていました。

 

これは僕が車が好きってだけで

好きではない人にとっては

もう、歴史の年号暗記と変わらない世界です。

 

いわゆる、苦痛な世界です(笑)

 

これと同じ原理で

本が好きな人がせどりをすれば

勝手に本を覚えてしまうのです。

 

『この本知ってる!へぇ〜、このくらいの価格なんだ!』

ってな具合で!!

 

こうゆう人はホントせどり向きです!!

上達のスピートはハンパ無いです。

 

 

僕は現在せどりでは

105円で月商190万とか

4ケタ仕入れとか

禁止店でも何百冊も仕入れが出来るとか

 

あまり、聞かない実績を上げています。

 

これって、みなさんから見たら

すごいと思うんです。

(自分で言っちゃってますが・・・苦笑)

 

ってゆうか、禁止店の仕入れ量については

よく信じられないって感じの反応が多いです。

 

 

ここまでの話だと、僕が相当の本好きで

記憶量がハンパ無いから

それだけの仕入れが出来るし

稼げていると思われそうですが

 

実は違うんですよね・・・(汗)

 

 

実際、僕は生まれてこのかた

1冊丸々読んだ本って

3、4冊しかありません。

 

これも最近の話で、

1年前くらいまで1冊も無かったです。

(マジ話です 汗)

 

どちらかと言うと

”本が嫌い”なんです・・・。

 

こんなこというと

せどらーとしてどうなんだ??

って感じですが

 

じゃあ、なぜ好きでもない本を扱う仕事で

ここまでの成果が出せたかというと

 

”お金を稼ぎたい!!”

 

これが理由です。

 

 

でも、この理由では本を覚える事は出来ません。

実際問題として

僕は、仕入れれる本として暗記している数は

驚く程少ないです。

 

本好きのせどり初心者の方がよっぽど多いです(笑)

 

お金を稼ぎたいってだけでは本は覚えれないんです。

残念ですが・・・(汗)

 

じゃあ、どうやってこれほどの実績を出しているのか??

 

僕は、本を暗記するってことは

もう諦めています。

 

だって、好きでもない本を覚えるのは苦痛ですし

それ以前に覚えれないから無駄なんです!

 

なので、本を暗記する以外の部分で

補っています。

 

幸いなことに

僕は効率化の分野には興味があり

実際好きなんですね、

物事の無駄を省き、時間効率をあげる方法を考えたりする事が!!

 

これのおかげで、出品、出荷、その他の作業で

いかに作業効率を上げれるか?

これについては、すごい考えてやっていますし

業界でもトップレベルの実力を持っている自負もあります。

 

・出品&クリーニングが時間あたり160冊

(ブックオフの袋を空けた時点から、出品して本棚に入れるまで全て)

 

・梱包出荷が時間あたり80冊

(注文の集計から、郵便局出荷用コンテナに入れるまで)

 

ちなみにこれは、限界スピードの数字ではなく

アベレージです。

(限界スピードなら、梱包出荷は時間90件以上は出来ます)

 

もっと、言ってしまえば

最近は、youtubeでワンピース見ながらやっています(笑)

 

そんな、ふざけたような感じでこの数字が出せます。

 

僕の手を動かすスピードが異常に早いとかでは無く

やり方の問題です。

誰でもこの数字で出来る方法を考えて実践しています。

 

 

それと、比較検証も好きです。

 

これは具体的にどうゆうことかというと

せどりには仕入基準の価格とか、ランクとか

個人差が出る部分があります。

 

では、どの価格で、どのランクで

仕入れをするのが

一番儲かりますか??

 

仕入基準価格を上げれば、仕入数が減ります。

その逆もありますよね?

ランクについても、何万位までならどれくらいの期間で売れるか?

 

これも、データを取って検証しました。

検証した結果、一番効率が良いところでせどりをしています。

 

 

最後に一番の問題である『禁止店で仕入れる方法』についてですが

ここでも暗記するのは諦めています。

 

なので、暗記しなくても仕入れれる方法を実践しています。

 

不思議な事に、禁止店では

その日初めて出会った本でも

ノーサーチで仕入れたりします。

 

これって、この本は仕入れれるとかとは全然違って

もっと根本的な

原理原則な部分を考えると、

当たり前な事を実践しているだけなんです。

 

せどりの儲けの原理って、簡単に言うと

『販売価格ー仕入価格ー手数料等=利益』

ですよね?

 

実際には、価格改定ツール費とか細かい部分はありますが

簡単に言えば、こうゆう事です。

 

この部分まで考えを遡らせて

一番利益が出る選択をすれば良いだけの話です。

 

ほとんどの方は実際、難しく考え過ぎなんです。

実は簡単なことなんですよ!

 

もちろん、その人の環境によって

答えは違ってくるはずです。

 

だから、僕は規格外せどり塾の塾生にも

『仕入基準は●●●円で・・・』

とか、そんなテンプレートされた知識などは

教えていません。

 

ですが、仕入れ基準の出し方のテンプレートは教えています。

各自の環境の数字を入れてもらえたら

答えが出るようなものは用意しています。

 

これも、すごく当たり前なことを教えているので

なんかあっけないなと感じている塾生も多いと思います。

 

ですが、ほとんどの方はその方法を知っていません。

 

いつも仕入れに行って思いますが

『原理が理解出来ていれば、そんな仕入れはしないだろう』

こう思う事がほとんどです。

 

というか、理解できているなと感じたせどらーに会ったのは

今までで、数人です。

 

各自の環境は店舗で少し見ただけのせどらーさん

では、そこまで分からないですが

 

どんな劣悪な環境であろうと、それは無いなと思う事が多いです。

 

もし、真剣に稼ぐ目的ではなく

趣味でせどりをやっているなら、そこまでしなくてもいいと思いますが。

 

ここまで説明して、少し偉そうな発言もあり

気分を害された方もいると思いますが

一人でも多くの

稼ぐ力のある人が生まれるといいなぁと思って

今日の記事にしてみました。

 

あまり稼ぐ人が多くなると

僕自身の取り分が減って、収入が減るんじゃないの?

って考える方がいるかも知れませんが

 

僕はそんな事どうでも良いです。

稼ぐ人が多くなって、僕の取り分が減れば

より稼げる方法を探しますし

そうやって、成長していくものだと思っています。

 

自分の取り分を守って、逃げるより

自由に動き回って、攻めの姿勢でいきたいですね!

 

特にせどりなんてものは、隠しようがないんですよ。

仕入れしてるとこを普通に他人に見られますから(笑)

 

まぁ、ビジネスは競争があってこそ

進化しますからね!

 

少し長くなりましたが、

この記事を見てくれている方の思考に

少しでも刺激になればと思います。

 

それでは。

 

 

ps

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
せどりではない、物販アフィリエイトという稼ぎ方
⇒ありまえだけどなかなかできないLUREAの使いかた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メルマガ読者様には、ブログでは公開出来ない情報をお送りしています。
主にマインド面での情報なので、本気で学びたい方はこちらでも情報収集して下さい!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログランキングに参加しています。さて現在は何位でしょう??


せどり ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

関連記事はこちら:

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す