”規格外せどり塾”について迷っている方へ

おはようございます。

 

今月初め頃より募集を開始しました

”規格外せどり塾”ですが、いよいよ今日で募集を終了します。

 

今思えば、少し募集期間が長すぎたかなって思います(笑)

せどりの眼の販売終了のニュースを聞いて、

急遽延長したので、仕方ないですね(汗)

 

気になる参加状況ですが、

募集開始当時は、ほとんどの方が敬遠していて

申し込みがほとんどない状態でした。

 

しかし、ここ1週間くらいで急に終了間際ムードが漂い

問い合わせも多くなり、申し込みも比例して増えてきました。

 

塾の案内ページも最近は毎日100人以上の方が

訪れてくれていて、嬉しいですね!!
⇒規格外せどり塾案内ページはここ

 

ですが、まだ申込者数は100人には到達しておりません。

 

ページには来てくれるけど、迷っている方も多いと思います。

そんな方へ一言・・・

 

 

現段階では、僕のノウハウは全く飽和しません

 

これはまだ申込者数が100人にも満たないと言う事と

各個人で個別の仕入れ基準を設定できるような

設定方法も伝授しますので

仕入れ基準がみんな同じと言う事も無いです。

 

それと一番大きいのが

せどり禁止店では、せどらー個人の個性が稼ぎを大きく左右します。

サーチなどの武器は一切禁止されているので、素手勝負です。

 

この塾で学んで頂くと、あなたの仕入れの幅は格段に広がります。

 

多分1ヶ月後には今の仕入量の3倍、4倍は軽いと思います。

実際に僕は4ヶ月で10倍になりました。

(もちろん、物理的な時間があればの話ですけど)

 

ここで僕のAmazonビジネスレポートを見て下さい。
⇒Amazonビジネスレポートはこちら
2012年8月と9月の売り上げ差が激しいことになってますね(汗)

ほんの1ヶ月の間に売り上げが3倍弱の勢いです!

どれほどの威力かは数字が表しています。

本気で実践してもらえれば、この現象があなたにも起きます。

 

また、ここでの個性というのは、

仕入れの知識とか、ジャンルとか、小手先のノウハウも含めて

競合があまりいない分野を攻める事ができる能力です。

 

少し説明が難しいので

分かりにくいかもしれませんが

正確には、競合が入って来れない部分を攻めています。

 

現在のせどり禁止店とかもそうです。

ほとんどのせどらーが寄り付かず

ここは自分専用ブックオフか??

ってくらいの時もあります。

 

そんな禁止店でも僕は、

1店舗100冊以上仕入れたりします。

 

これが僕の個性(能力)の一つです。

 

現在って、禁止店に競合せどらーがほぼ皆無でしょ?

そんな中、僕は個性で稼いでいます

 

もちろん、OK店舗でも個性は発揮してますよ!

僕が禁止店に行くのは月に1回や2回くらいですから。

 

なので、自分だけの個性を見つけてもらいたいと思います。

 

あなたのせどりの幅を広げるのに

僕の塾は役に立つはずです。

 

せどりの幅があれば、より自分だけの個性が見つかります。

 

なので、飽和する心配はご無用です!

 

塾生が2000人とかになると

さすがに、飽和気味になると思いますが

そんな人数には絶対ならないでしょうから(笑)

 

飽和すると分かって

世に出すようなことは僕もしないので!

 

自分が稼げなくなるだけなので(汗)

 

ということで、

今日が最後に案内となります。

 

すでに参加してくれている方は

25日のスタートですので

ガンガン学んで、稼いでいって下さい!

 

まだ迷っている方は、

数ヶ月後の未来を想像してみて下さい。

 

あなたが、僕のようなあり得ない量の仕入れや

105円本だけで200万円に迫る月商を叩き出せる!

 

もし、そうなりたいと願っているのであれば

迷う事無く参加して下さい。

 

 

それでは塾でお待ちしています。

 

 

ps

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日で終了!!
規格外せどり塾の塾生を募集しています。
せどり禁止対策の決定版です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メルマガ読者様には、ブログでは公開出来ない情報をお送りしています。
主にマインド面での情報なので、本気で学びたい方はこちらでも情報収集して下さい!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログランキングに参加しています。さて現在は何位でしょう??


せどり ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

関連記事はこちら:

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す