ゆうメール料金交渉術

おはようございます。

 

自己発送の方は、クロネコメール便か

ゆうメールを使用されている方がほとんどかと思います。

 

その中の、ゆうメールについて料金の交渉術を

規格外せどり塾のコンテンツに追加することにしました。

 

実は僕のゆうメールの契約は、ほとんどのせどらーさんと

違います。

 

ほとんどのせどらーさんの契約形態は『簡易契約』です。

 

一応書面は交わしますが、簡易的なものです。

僕も最初はそうでしたが、料金交渉をした結果

ある一定の基準を超えたため、『正式契約』になりました。

 

簡易契約では、書面1枚のみですが

正式契約では、冊子になっています。

 

不動産契約と同じ感じで、割印や収入印紙も貼りますし

僕の保管用と郵便局の保管用の2冊が作られます。

 

もちろん正式契約になると、料金交渉は有利になります。

 

僕の所には、交渉事になると局長が来ます。

 

いつもやり取りをしている担当の人と局長の2人で

わざわざ家まで来てくれます。

 

少し前に局長に聞いたんですが

やはり簡易契約では、値下げするにしても下限があるようです。

 

詳細に言うと、

・各郵便局の価格決定の裁量

・地方本部(例えば近畿地方や中部地方とかの本部)の裁量

・日本の本部(東京本社)の裁量

 

この3種類の裁量があります。

(各裁量の下限金額は塾内でハッキリ書いています)

 

もちろん下限が一番低いのは日本の本部です。

簡易契約では、各局の裁量までしか適応できません。

 

一方で僕の契約は正式契約なので、

日本の本部の裁量まで踏み込んでもらっています。

 

要は、僕の近所の郵便局の人が

東京本社とやり取りをして

承認を得て、初めて適応出来る金額にしてもらっています。

 

これは普通ではしてくれません。

 

だって、そうですよね?

たかがせどらーの為にそこまでして意味あるのか??

って感じじゃないですか?

 

一気に東京本社の裁量!ってワケにはいかないので!

まず各局の局長の許可を得て、地方本部に進み

地方本部の本部長の許可が出て、初めて東京本部にいけます。

 

そして、日本の郵便局のトップの承認まで必要なんですから!

形式上だけとは思いますが(汗)

 

他にギフトショップとか、

年間数十万通の発送がある会社はゴロゴロあるので

そこに力を入れた方が圧倒的に得なんです。

 

しかもギフトショップとかは、カタログとかの発送なので

シーズンに一気に出します。

毎日集荷に行く必要は無いそうです。

 

なので、集荷の人員も必要な時だけ

段取りすればいいし

郵便局にとっては、とても美味しいお客さんだそうです。

 

僕の所はそんな、数十万通出すギフトショップ

と比べて、1、2円くらいしか変わりません。

(こっそり郵便局の人が教えてくれました。価格的にみて嘘ではないと思います)

 

一応言っておきますが、僕の所は年間数十万通も出してないですからね。

1人でやってるんで物理的に無理です(汗)

 

僕が郵便局と契約して半年も立たないうちに

その正式契約まで持っていきました。

 

 

なぜそんな事が可能なのか??

 

 

これは、僕のサラリーマン時代の経験をフルに活かしました。

 

ブログでも以前にお話した事がありますが

ある企業の購買部門に所属していました。

 

購買部門というのは、

分かりやすくいえば、バイヤーです。

 

買い付けとか、仕入れとかですね。

 

なので、料金交渉なんていうのは

日常でした。

もちろん当時はプロのバイヤーとして

働いていたわけですので、テクニックなんてのもあります。

 

”交渉のテクニック”です!

 

業界では、交渉のことを”ネゴ”といいます。

ネゴシエーションの略です。

 

普通は交渉だったら、ただ安く値切り倒すって感じでしょうが

それは賢いやり方ではありません。

 

相手も人間です。

向こうから

”この人には安く提供したい”と思わす事が重要です。

 

相手も、上司やら、またその上やらに

話をして説得しないと安く出来ません。

どうでもいい人の為に

そこまで動いてくれる人間なんていないですからね。

 

 

現に僕は相当安くしてもらったにも関わらず

担当の人(集荷担当ではない)が、よく家に来てくれるし

「何か相談とかあったら、いつでも言って下さいね!」

と言ってもらえます。

 

相当、良い関係が出来上がっています。

 

もちろんこれは、郵便局にだけ有効なテクニックではないです。

ヤマトでも同じだし、他のビジネスでの交渉では

どこでも応用できます。

 

昔、中古車を購入した時に

200万のところを、160万まで下げたこともあります。

 

値下げ率にして20%引きです。

車でこの数字はあり得ないですよね??

 

この時ばかりは、全国展開している大きな中古車販売会社だったので

向こうも売るプロです。

けっこう手こずりました(笑)

 

そのテクニックを追加コンテンツとします。

このように今後もコンテンツを無限に追加していきます。

 

規格外せどり塾は募集終了まで、あと2日です!

お急ぎ下さい!!

 

それでは。
ps

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
規格外せどり塾の塾生を募集しています。
せどり禁止対策の決定版です!
一度ページを見てみて下さい!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メルマガ読者様には、ブログでは公開出来ない情報をお送りしています。
主にマインド面での情報なので、本気で学びたい方はこちらでも情報収集して下さい!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログランキングに参加しています。さて現在は何位でしょう??


せどり ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

関連記事はこちら:

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す