遠征せどらーの交通費を劇的に下げる方法

おはようございます。

 

僕は遠征せどらーです。

自分の地域でせどりをすることはほぼ無く

毎回、車で何時間もかけてせどりに行きます。

 

都会に住んでいない限り、こうゆう方って特に専業なら

多いと思うんですよね!

 

そんな遠征せどらーにとって、この4月から大ダメージとなるのが

高速道路の値上げ(割引廃止&縮小)です。

 

 

これは詳しい内容は、直前になってみないと分からないのが現状ですが

どうやら、かなりの打撃になりそうです(汗)

 

現在はETCさえ付けていれば、いつでも最低3割引はしてくれるし

特に通勤割引(朝、夕)と深夜割引の時間帯に走るように

心がけているので、ほぼ5割引の時にしか乗りません。

 

これが4月以降になると、3割引、もしくは一切割引無し

になる事が濃厚です。

(土日の休日割引は6月まで延長されますが)

 

 

こうなると、もう無視出来る金額では無いんですね(笑)

僕の場合、遠征といってもかなりの遠征で

往復の移動距離は400〜700キロぐらいがメインです。

 

なので、月の交通費(ガソリン+高速代)は10万を下回る事は

皆無で、これが値上げとなるとさらにです。

(僕の場合は、車がけっこう金を喰ってくれるので・・・汗)

 

 

こうゆう事態になったので、どうにかならないかな?と思い考えました。

 

すると、こうゆう答えになりました。

 

 

帰らず、泊まっちゃえばいいじゃん!!

 

 

正直な話、4月以降を考えると

往復で交通費2万を超えるルートがいくつも出てくるので

泊まった方が、断然安いのです。

 

この結果を受けて、さらに調べると

現段階でも、泊まった方が安い事が分かりました(笑)

 

なんで、今まで気付かなかったんだろう・・・・。

 

 

というわけで、今は遠征+宿泊せどらーなわけです。

 

ここで、拘りたいのが泊まるホテルです。

 

 

普通の考えでいけば、東横インとかアパホテルとかの

ビジネスホテルを利用するせどらーさんがほとんどかと思いますが

それでは面白くない!!

 

どうせなら、普通に生きていては経験出来ないことがしたい!!

 

これが僕の人生のテーマでもあり、せっかく会社を辞めて独立して

自由業としてもせどりをしているのだから

普通のサラリーマンみたいに安宿に泊まっていては

何の面白みもなく、遠征も辛いものになってしまいます。

 

そこで、泊まってみたのが1月末にもちょこっと記事にした

1流ホテルです。

 

ホテル名はメルマガには記載したんですが

”シェラトン”です。

 

正直、普通のビジネスホテルよりは高いです(笑)

物は試しということでとりあえず泊まってみました。

 

で、どうだったかというと・・・・

 

 

ホテルに対する、価値観が変わりました。

というか、今まで知らなかったいろんな事を知りました。

 

本当にあの時、思いつきでシェラトンに泊まって良かったなと思います。

何が良かったのか?

 

 

もちろん部屋的な良さ(広さやサービス)もあるし

それ以上に、1流ホテルは決して高くない。

むしろ、僕みたいな遠征せどらーは積極的に利用する事で

絶対値としての、金額は高いかもしれませんが

コスパは圧倒的にビジネスホテルより高い事が分かりました。

 

じゃあ、一体その内容って何なの?って思うと思います。

 

それを明日記事で、詳細を書いていきたいと思います。

 

1流ホテルなんて、金持ちだったり、特別な日に使う物だという

固定観念を持っている方がほとんどだと思うので

(僕もそうでした)

ある条件さえ満たせば、そうでもないと言う事がわかるはずです。

 

興味のある方は明日の記事も見て下さいね!

普通では出来ない体験ができます。

 

それでは。

 

 

 

ps

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
せどりではない、物販アフィリエイトという稼ぎ方
⇒ありまえだけどなかなかできないLUREAの使いかた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メルマガでは週1頻度でマインドの話をしています。
正直テクニックどうこうではなく、マインドが出来ていないと稼げないので
本気で稼ぎたい方はこちらでも情報収集して下さい!
(ステップメールは用意していないので、常に最新情報しか来ません)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログランキングに参加しています。さて現在は何位でしょう??


せどり ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

関連記事はこちら:

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す