今すぐ会社辞めましょう・・・

おはようございます。

 

先日、学生時代の友人と5年振りくらいに電話で話をしました。

その友人は、工場の作業員として働いていますが

体を壊し、今入院しているというのです。

 

詳しい内容を聞いてみると、いわゆるブラック企業のようなのです。

 

過酷な労働を強いられ、体を壊しても

まともな休養を貰えず、それが積もり積もって

ついに救急車で運ばれ、強制的に入院となったようです。

 

 

しかも、明らかに会社のせいでこんな状態になったにも関わらず

冷たい態度はされるし、入院初期は有給消化で何とかなっていた

収入も、消化したとたんに欠勤扱いにされ

無収入になる可能性があるとのことです。

 

本当に、人間をなんだと思っているんだと言わんばかりですね・・・。

 

僕は以前法律の勉強をしていたので

この現状について、会社になんとかさせることは出来ないだろうかと相談

して来たのです。

 

といっても、この内容は労働法なので

僕が勉強していた内容とは全く別で

良いアドバイスは出来ませんでしたが

とりあえず、公の機関に相談するのがベストだなとアドバイスをしました。

 

本当にこうゆうブラックな企業ってたくさんあって

会社にとって不利な事実は、従業員の不利益どうのこうの関係無しで

切り捨ててきます。

 

僕的には、本当のアドバイスは

『今すぐ会社辞めましょう』

 

と言ったんですが、その先が問題で

現状の体調は、まともに仕事が出来ないほどやられていて

転職するにしても、独立するにしても

積極的な活動ができるかどうかといった具合なのも問題です。

 

なので、最善の選択は

体調が万全になった後に、即辞める!!

 

これが良いのではとアドバイスをしました。

 

正直、従業員のことを家畜だとか思っている勘違い企業に

長くいても良い事はありません。

 

パッと考えてみてもらえばわかりますが

会社の利益優先の考え方なので

従業員に利益を分け与えようという考えなど皆無なのですから・・・。

 

 

そんなところで勤めるくらいなら、速攻で辞めるのがベストです。

もちろん、お金がないと生活出来ないというのは

大きな問題なので、転職するなりで

出来るだけ大きい企業へ入るべきです。

 

職種がどうこうより、大きい企業は

そうゆう従業員へのケアはしっかりしている場合が多いです。

 

それは労働組合がしっかり権力を持っているので

工場のライン作業員であっても

体を壊すほど働かされる事もないでしょうし

休暇も強制的にくれます。

 

 

そして、それでも良い会社に巡り会わなければ

独立を薦めます。

 

独立すれば、自分の好きなように仕事は出来る選択は出来ますし

時間も自由です。

 

体を壊すまで仕事をするのも自由だし

しないのも自由です。

 

でも、その代わりお金に対する保証はないですね(汗)

 

頑張った分だけお金になるのはサラリーマンの考え方で

独立すれば、頑張ったとかの努力が報われるかどうかも

保証はありません。

 

なので、ある程度の覚悟はいるとも思っています。

 

その覚悟があるなら生活するくらいのお金は

どうなろうとも稼げると思うので、一番良い選択ですね。

 

 

今現在、過酷な労働環境を虐げられている方がいましたら

今すぐ辞める事を強くオススメします。

 

今回の友達の例ではないですが

体を壊してからでは、そうもいかなくなります。

 

辞めても精力的に活動出来る健康があるうちに

辞めて、転職でも独立でもどっちでも良いですが

良い方向に自分で決断、行動をするべきです。

 

ああだこうだ考えるより、とりあえず行動しないと何も始まんないんで

即行動して下さい!

 

そんなおせっかいでした(笑)

 

 

それでは。

 

ps

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
せどりではない、物販アフィリエイトという稼ぎ方
⇒ありまえだけどなかなかできないLUREAの使いかた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メルマガでは週1頻度でマインドの話をしています。
正直テクニックどうこうではなく、マインドが出来ていないと稼げないので
本気で稼ぎたい方はこちらでも情報収集して下さい!
(ステップメールは用意していないので、常に最新情報しか来ません)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログランキングに参加しています。さて現在は何位でしょう??


せどり ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

関連記事はこちら:

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す