手もみ60分2800円

おはようございます。

 

今日のタイトルはワケ分かんない所から入りましたが

町でよく見かけると思います。

 

実際に僕は行った事がありませんが

今日言いたい事は

”コスト構造を考える”ということです!!

 

 

コスト構造とは、簡単にいえば

何にいくら必要で、入るお金がいくらでとかを詳細に出してみて

それならいくら儲かるね!っていうお金の計算です。

 

僕はこの手もみの看板をみて

これ本当に儲かるのか?と思います。

 

なぜかというと、少し難しいかもしれませんが

まず、この商売のうえで動くお金は大まかに下記になります。

 

①売り上げ

②人件費

③場所代

 

他も色々あるでしょうが、簡単にこれで計算してみます。

 

まず、売り上げです。

 

これは1人のお客さんが1時間に2800円を落とすということになります。

 

次に人件費です。

これが僕は一番問題だと思っていて

仮に常にフル稼働だったとしても

お客さん1人に対し確実に1人のマッサージ師が必要なので

その人の人件費を1500円と考えます。

(正社員の場合、実際に時給換算1000円の場合でも諸々の費用で1500円くらいは最低店側は払っています)

 

 

この部分だけでも、店の入りは1時間あたり900円という事になります。

もちろん、お客さんのキャパが1人という事はないでしょうから

10人だとします。

 

なら1時間あたり9000円が店の入りです。

これで1日10時間稼働で9万円。

1ヶ月30日として、270万円。

 

場所代は、家賃20万とします。

 

なら、フル稼働状態で250万の利益。

 

 

もちろん常にフル稼働状態っていうのはあり得ない話で

50%くらいがいいところでしょう。

 

稼働がないからといって、従業員の給料を減らす事は出来ないので

売り上げの部分が2800円の半分の1400円ということになります。

 

こうなると、人件費の1500円を下回ってしまい

赤字です(汗)

 

こうゆう風に、コストを計算してみると、この店儲かっているのか?って所が

想像ですが、わかります。

 

実際に僕はこの店に行ってないので稼働率とか分かりませんが

ここでは僕の勝手なイメージでお話しました。

 

もしかしたら、従業員が全員バイトで過酷で安い労働環境なのかも知れません(汗)

 

 

こうゆう計算はせどりにも言える事で、

自分の今の状態を詳細に数字で表す事で

収益を上げる答えが見つかってくる可能性が高いです。

 

 

とりあえず、現状で儲けが出ている原因を計算してみると

色々面白いですよ!

 

 

特に、組織せどりをしている方は必須だと思うので

是非やってみて下さいね。

 

 

それでは。

 

ps

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
せどりではない、物販アフィリエイトという稼ぎ方
⇒ありまえだけどなかなかできないLUREAの使いかた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メルマガでは週1頻度でマインドの話をしています。
正直テクニックどうこうではなく、マインドが出来ていないと稼げないので
本気で稼ぎたい方はこちらでも情報収集して下さい!
(ステップメールは用意していないので、常に最新情報しか来ません)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログランキングに参加しています。さて現在は何位でしょう??


せどり ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

関連記事はこちら:

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す