Amazon側のせどらー排除の件のさらに詳細

おはようございます。

 

先日、Amazon側のせどらー排除について記事を書きました。

⇒Amazon側のせどらー排除について

 

これについてツッコミのご意見を頂いたので

細かい部分と僕の憶測をお話します。

 

 

まず、『メディアってどこ??』

 

これについては、僕が実際に見たわけではないです。

知人がそうゆう情報をみたということで僕に教えてくれました。

 

ネット上の掲示板等ではなく、ニュースサイト

(ヤフーとかほど大きくないけどそんな感じのサイトらしい)

で記事になっていたそうです。

 

なので、2chなどの信憑性が判断しずらいサイトからの情報ではありません。

そして、その知人はせどらーではないので

せどりブログなどを徘徊することはないので

せどりとは関係ないサイトからのネタです。

 

もちろん情報元を僕自身が見たわけではないので

絶対確実だとは言い切りませんが

現実的のそうゆう動きになってもおかしくないなと思ったので

記事にしました。

 

今年の4月に僕はせどり禁止について

『数ヶ月以内にせどり禁止が広がる可能性がある』

とブログ記事で書きました。

 

その時の情報元は人づたいの情報です。

 

 

もちろん信憑性は確かではありませんでした。

でも、考えた時にそうなってもおかしくないなと思ったから

当時、大きく記事に書きました。

 

 

で、実際に現在はどうでしょうか??

 

全国的ではないにしても

関東ではかなりの広がりを見せています。

 

 

僕の空想の話のようだったのが、現実に起きてしまいました。

 

別に、今回の話にしたって、

『またTAKAの空想話が始まった』ぐらいに聞いてもらってもいいです。

 

でも、こうゆう情報を僕が流さずに

実際そうなったらどうでしょうか??

 

Amazonがどうゆう動きに出るのか?

予想も出来ないままです。

 

 

僕はこの情報を知れた為、Amazonがどうゆう動きをしてくるか

あくまで予想ですが、想定することは出来ます。

 

次に、せどらーと業者はどうやって見分けるのか??

 

このツッコミについての僕の想定はこうです。

 

 

 

”大口出品者に対し、古物商の表示を義務付け”

 

 

Amazon側としても、せどらーを全排除なんて

考えいないと思います。

 

というか現実的に無理です。

 

 

なら最低限、古物商くらいは表示しろよ!

仮にも大口出品者なんだから!!

 

といった事ぐらいは言ってきてもいいと思います。

 

もしサラリーマンで副業せどりをされている方で

古物商を取りづらい方もいると思います。

 

基本的に勤務先は明記しないといけないし

警察がどうゆう会社なのか?調査にくる場合もあり得ます。

(各管轄で対応は異なる)

そうゆうのはちょっと・・・という方もかなりいるはずです。

 

さすがに自分の小遣い稼ぎの為に会社に警察が来る事は

普通のサラリーマンなら絶対避けたいというか

あり得ないです(汗)

 

実際に古物商を取られた方は分かると思いますが

警察も結構調査を入念にする場合が多いです。

 

古物は特に盗品などの犯罪に絡みやすく

そっち系の組織の資金源になる場合があります。

 

なので、古物商を取得する時は

警察の担当者は初めから疑って調査してきます。

 

 

これは、冗談抜きで犯罪者扱いに近い対応をされる事も珍しくありません。

(僕の知っているせどらーさんで警察と激しい口論をした方もいます 汗)

 

僕の場合は、もちろん家に来ましたし質問攻めにもされました。

そして、申請書の書き方もかなりきっちりしていて厳しいです。

 

TSUTAYAの会員証を作る感覚で書いたら確実にツッコミを喰らいます。

住所の地番等の数字部分も数字なのか?

漢数字なのか??

 

日付の年にしても、『’25年』なんて書いた日には

確実にやり直しです。

 

 

それほどきっちりした申請が必要です。

 

なので、軽い気持ちで取得をしようと思うとビックリされると思います。

 

 

 

で、そうなると

小口出品でせどりをせざるおえません。

 

なら、今までは月額の大口出品料を払っていたら

免除されていた100円の手数料が

販売1冊あたりに毎回かかります。

 

これは実質的な手数料値上げと同じ意味です。

(大口は49冊目以降は実質タダなので)

 

なので、ブックオフが特に嫌っているビームガンガンの

数を稼ぐせどらーさんが減る要因になります。

 

もちろん専業せどらーはそんなことをして全く意味がなく

減りませんが、それでもせどらー全体で見れば

確実に数を減らせますし

 

今まで参入障壁がなさ過ぎたせどりに対し

古物商という壁を設ける事により

新規参入もしにくくなります。

 

というよりも、参入しても古物商の壁を知って

たくさん稼げないので辞めると思います。

 

 

と、まぁこのくらいの予想を僕はしています。

 

どちらにしても備える事は大切です。

もし、古物商を持っていないのなら、今のうちに取っておいた方がいいでしょうし

(発行まで2ヶ月とか掛かるので)

基本的にせどりという商売には古物商は必要だと

僕は警察の方に言われました。

(副業、専業問わず)

 

 

なので、こうゆう当たり前の対応を当たり前にしてくることは

全然あり得ると思って記事にしました。

 

 

今回ツッコミを頂いた方の文面には

『曖昧な情報で右往左往するのもなんだかなー』

と書かれていましたが

 

その方がどうゆう風に僕の記事から感じたのはわかりませんが

せどらー全排除??

一部排除??

 

 

どちらにしても、自分が排除対象に入るような状況になれば

それを回避出来る道は確実にAmazonは残してくれると思うし

(僕の予想は古物商)

そのような行動をすればいいと思います。

 

 

 

もし、完全なせどらー全排除のようなことになったとしても

Amazonマーケットプレイスのようなシステムは別の

会社にもあります。

(DMMとか)

 

みんなそちらに乗り換えて、そっちを盛り上げていけばいいと思います。

 

 

その他の道としても、Amazonで販売できるような

大きな古本業者などが僕らみたいなせどらー向けに

販売代行のサービスを開始するかも知れません。

 

もし、しなかったら僕がなんとかAmazonで販売が出来る

方法を探してやりますが(笑)

 

そうゆうところでも、新たなビジネスチャンスがあるものです。

 

 

なので、特に右往左往するような問題ではないです。

 

信憑性についても、各自で自分で考えて判断して貰えたらいいです。

何でもかんでも人の言う事を鵜呑みにするのではなく

そうゆう自己判断が出来る人がやはり、現在でも稼げる人になっています。

 

 

また何かそうゆう情報を仕入れたら記事にしますが

頭の片隅にでも置いて貰えたらと思います。

 

 

それでは。

 

ps

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
せどりではない、物販アフィリエイトという稼ぎ方
⇒ありまえだけどなかなかできないLUREAの使いかた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メルマガでは週1頻度でマインドの話をしています。
正直テクニックどうこうではなく、マインドが出来ていないと稼げないので
本気で稼ぎたい方はこちらでも情報収集して下さい!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログランキングに参加しています。さて現在は何位でしょう??


せどり ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

関連記事はこちら:

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す