最安値マイナス1円は無意味な行為どころか・・・

おはようございます。

 

せどりベテランの方はあまりいないと思いますが

価格改定を最安値マイナス1円にする方がいますね?

(例えば、最安値300円のところ299円にする行為)

 

これって、せどり教材なんかにマイナス1円で・・・

って書いていたりしますが

 

なんでもかんでも、マイナス1円にするのは違うかなって思います。

 

というか、僕はどんな状態だろうがマイナス1円には絶対にしないですけどね(汗)

 

例えばですよ、ランキング1000位以内の商品をマイナス1円にするのは

ある程度の効果があると思います。

 

これは出品者も多くて、最安値も常に数人いるので

自分のストアの個性というか強みがまるで無い方は

その方が売れやすいでしょう。

 

もちろん、自分がマイナス1円にすれば

すぐに、他の出品者も価格改定でその価格に付いてきます。

 

これが、1時間に1回とかの自動価格を設定しているもんなら

1日で24円も下がるわけです。

 

とんでもないですね(笑)

そりゃ儲からないよって感じです(汗)

 

さらに、もっととんでもないのが

ランキング10万や20万位の商品についても

最安値マイナス1円とかでしている人もいるんですね。

 

ランキング10万とかっていうのは

Amazon全体で見ても、1日に1冊売れないランキングです。

 

それを1日に何回もマイナス1円をするという事は

売れる見込みも無いのに、ただただ値下げだけする行為です。

 

ランキングの悪いものは、値段がどうのこうのの問題でなく

需要が無いんです・・・・

 

なので、例え1円にしても売れないんです。

欲しい人がいないんで(笑)

 

この値下げ行為は特にせどり初心者に多いです。

早く売りたいのは分かりますが、最悪でも最安値と同値で待ちましょう!!

 

自分で利益を下げていては世話無いですからね(汗)

 

そして僕の実感なんですが、最近って

ランキング20万以上の商品って、本当に高いか安いかの2極化してますね(汗)

 

例えば、ランキング35万位、最安値230円・・・

 

こうゆう商品って、ほとんどないです。

 

昔はこのレベルって結構ありました。

やっぱり、ランキングの悪い商品でも無意味な価格競争をした結果でしょうね。

 

特にランキング40万を超えてくるとほぼ1円です。

このレベルになると、月に1冊売れるかどうかのランキングです。

 

このようにランキングのすこぶる良い商品以外で

安値を競うのは無意味どころではなく、

自分の首とせどり業界全体の首を締める行為です。

 

値下げをする時は、売れる原理をよく理解してしましょうね!!

気を付けましょう。

 

 

それでは。

 

 

ps

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
せどりではない、物販アフィリエイトという稼ぎ方
⇒ありまえだけどなかなかできないLUREAの使いかた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メルマガ読者様には、ブログでは公開出来ない情報をお送りしています。
主にマインド面での情報なので、本気で学びたい方はこちらでも情報収集して下さい!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログランキングに参加しています。さて現在は何位でしょう??


せどり ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

関連記事はこちら:

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す