これまでの経歴

はじめまして TAKA と申します。

現在せどりで稼いでいる28歳です。

嫁、子供をそれで養っています。

せどりを始めたのは2010年の10月頃でした。

そのころからの経歴を少しお話したいと思います。

2010年10月 ~せどりに出会う~

2011年1月 ~脱サラを決意~

2011年10月 ~脱サラ成功~

2011年11月 ~ビームを知る~

2012年4月 ~バブル期~

2012年8月 ~バブルの崩壊~

2012年9月 ~VEせどり構築~

2012年9月 ~Amazonビジネスレポート公開~
 

 

■2010年10月 〜せどりに出会う〜

当時の僕は普通のサラリーマンをしていました。

何かネットで出来る副業はないかと思いせどりを知る。

とりあえずAmazonの登録方法をネットで調べ、登録してみました。

 

ネット通販など1〜2回程しか使った事が無く、

まさか自分が販売側に回るとは思いもしませんでした。

 

登録が出来るとすぐに家から一番近くのブックオフに行き

携帯でサーチしてみました。

 

全く利益の出る本が見つかりません!

 

本の量に圧倒されてどの本をサーチしていいのか

分からなかったことを今でもよく覚えています。

 

結局その日は3店舗程周り、仕入れは0冊でした。

 

そんなこんなで諦めずにやっていると

確か3日目くらいだったかな、

「ポケモンストーリー」と言うAmazon安値700円くらいの本を発見しました。

 

ランキングの重要性をわからず、とりあえず仕入れて

他2冊の計3冊仕入れました。

 

家に帰り、早速出品してその日は眠ると

朝目を覚ますとメールが来ています。

 

そう、「商品を出荷して下さい」メールです。

 

こんなに早く売れるのかと驚きましたね。

ちなみに他2冊が売れたのは1年後です(笑)

 

■2011年1月 〜脱サラを決意〜

せどりにも少し慣れ、月に10万程の売り上げを出せるようになった頃

最初はお小遣い稼ぎのつもりでしたが

「これはうまくやれば本業より稼げるんじゃないか?」

と、ふと思ったのです。

 

しかし、この段階でトータル利益は愚か

月単位でもプラスになった事は無いのに

なぜかせどりに可能性を感じていました。

 

脱サラ独立までの計画表を作り

10月退社を目指し、10ヶ月計画をスタートさせました。

 

■2011年10月 〜脱サラ成功〜

それまでの計画通り、だんだん売り上げを伸ばし

見事計画達成しました。

 

10月1日より晴れて自由になったのですが

同時にこれからは安定収入が無いという恐怖を味わい

始めの2週間くらいは不安がいっぱいでした(今でもですが)

 

 

■2011年11月 〜ビームを知る〜

いままで地元の田舎でしか活動しておらず

都会遠征で「ビームせどらー」に初めて遭遇し

衝撃を受けました。

 

「とんでもない早さじゃねぇか!!」

「これでは勝てない」

 

思い立ったらすぐ行動でその日のうちに

Amazonでバーコードリーダーを購入しました。

当時は今より高くて50000円以上を出して購入しました。

 

■2012年4月 〜バブル期〜

初の売り上げ100万を突破!

 

といっても、せどりをはじめてこれまで

「間違えたやりかた」をしていたのです。

 

具体的にいうと

出品の90%を「ほぼ新品」にしていました。

 

本の状態は悪くないんですが

やはり価格が最安値とかけ離れた商品が多くなり

在庫あたりの販売率が月に5%という

今の数十倍の低さでした。

 

在庫3000あっても150冊しか売れないという異常な数値でした。

 

それに気づくと同時に全ての在庫の価格を「良い」と同レベルの価格帯に下げました。

 

すると、売れまくる訳です!

 

仕入れもしないのに今までの溜まりにたまった在庫達が

毎日100冊前後売れまくりました!

 

気づくと、この月単月で利益は100万近くいっていました。

 

しかし、これは一時のバブルみたいなもので長くは続きません。

 

 

■2012年8月 〜バブルの崩壊〜

バブルはおわり売り上げは急降下していきました。

ついでにブックオフのセール減少も重なり

このころはおよそ専業の稼ぎとは言えない程の低さです。

 

毎月家に入れるお金が決まっていて

正直、今月のお金を工面するのが厳しい状態でした。

 

これまで全てFBAからの販売で

8月の後半にはFBAの値上げも決まっていて

まさにピンチ。サラリーマンに戻る事さえ考えました。

 

しかし、「ピンチはチャンス」精神で

思い切って全てを自己発送に切り替え

今まで手を出していなかった105円本を仕入れだします。

 

今思えば、この時期が僕のせどり人生最大の転機です。

 

 

■2012年9月 〜VEせどり構築〜

自己発送に切り替えて1ヶ月

今まで払っていたFBAの費用が掛からなくなったことで

仕入れ基準が大幅に下がり、仕入数も大幅に増加!

仕入れに行けば500冊くらい簡単に持って帰ってくる日が続きます。

 

前月比で売り上げ約90万アップの飛躍ぶりです!

 

良い事は重なるもので、前職で経験していた「VE手法」をせどりに

応用する事に気づきます。

 

「VE手法」とは現在の製造業で当たり前のように使われているコスト改善手法です。

現に製造業のお仕事をされている方は聞き慣れた言葉だと思います

Value Engineering 日本語で「価値工学」

 

要するに、今までの「コスト改善」はただ原材料を安く買い

運営費を極力カットし、利益を増大させる手法でしたが

僕の経験した「VE手法」はコストカットに加え

時にわざと「コストアップ」も行います。

 

一見、意味が分からないと思いますが

コストをアップしてでも価値を上げるということです。

 

具体的には

僕は梱包費をわざと高くしています。

 

なぜか?

 

お客様の満足を梱包によって生み出しているわけです。

 

わざわざ手間もコストも掛かるプチプチに包み、発送しています。

自己発送をしている方で、意外とプチプチを使っている方は多くありません。

 

満足させることで何が起こるかというと

 

リピーターが獲得出来ます。

 

Amazonはその性質上、リピーターを得る事が難しい販売体系になっています。

それまでには全く気にした事がなかったですが、このような評価が入りだしました。

 

星5「前回もお宅で購入しました。とても丁寧に梱包されていてまた利用させて頂きました」

 

評価だけではなく、わざわざメッセージをいれてくれるお客様も少なくありません。

 

それに加え、運送費もわざと高くしています。

(といっても現在は発送数が増えたので、結果的に安いですが)

他店はクロネコヤマトのメール便を使っている所が一般的ですが

僕は郵便局のゆうメールを使用しています。

 

なぜかというと、

とにかく到着が早い!

 

これが価値となっています。

このような評価を頂きました。

 

星5「今までAmazonではいろいろなショップで購入しましたがあなたのところが一番早いです」

星5「商品到着の早さに驚きました。注文翌日には手元に届きました」

 

毎日発送、しかも早いゆうメールで!

 

リピーターは増え、確認出来るだけで20人以上います。

中にはここ2ヶ月で10回以上も購入して頂いている方もいます。

 

ここで重要なことは

リピーターが増えた事でどのような利点があるかということです。

 

「最安値にしなくても売れる!」

 

これに尽きます。

売れた商品の30%以上が最安値より高いです。

それも30円以上。

 

梱包費、運賃のコストアップを考えてもお釣りがきます。

こうすることで今までの利益額を減らさず(むしろ利益アップ)

仕入数を大幅に増大させています。